ローヤルゼリー

優れた効能と成分のローヤルゼリー

女王蜂のを作り出す栄養の元となるのがローヤルゼリーですが、女王蜂になる前は普通の蜂の幼虫と何ら変わりは無いのに、

 

ローヤルゼリーを摂る事で女王蜂に育つのです。

 

昔ローマ教皇を老衰から救ったという逸話からも知られるように、若返りの成分として注目される存在です。

 

ローヤルゼリーの効能は様々なものがありますが、一番に挙げられるのは、疲労回復や滋養強壮です。

 

高血圧や動脈硬化や糖尿病などの現代で問題になっている生活習慣病にも高価を発揮し、

 

優れた抗酸化力を持つので、アンチエイジングなどにも効果があります。

 

又、血流を促し、冷え性の改善などにも期待出来ますが、これら以外にも色々な効果を秘めています。

 

ローヤルゼリーが知られてから研究が盛んになりましたが、未だに未知の部分も多く、これからも目が離せない成分なのです。

 

 

 

女王蜂は、普通の蜂よりも40倍長生きだと言われていますが、その源がローヤルゼリーです。

 

では、ローヤルゼリーには、どの様な成分が含まれているのかというと、生命の維持に欠かせない必須アミノ酸、

 

各種ビタミンなどが豊富に含まれています。特にビタミンB群が多く吸収が良いバランスなのです。

 

ローヤルゼリー特有の成分として、ロイヤラクチンやロイヤリシンなどが含まれています。 

ローヤルゼリーに含まれる栄養素

 

ローヤルゼリーは女王蜂やその幼虫、生まれて数日の幼虫のために

 

つくられる特別な物質です。

 

普通のハチミツは主に糖質でできていますが、

 

ローヤルゼリーは豊富な栄養がバランス良く含まれています。

 

 

 

ローヤルゼリーにはタンパク質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラルの

 

五大栄養素が全て含まれています。

 

女王蜂はローヤルゼリーだけで生命を維持し、大量の卵を産み、

 

働き蜂の40倍も長生きするほどの豊富な栄養価です。

 

 

 

アミノ酸ではリジン、メチオニン、バリンなど20種類以上を含みます。

 

ビタミンはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、

 

パントテン酸、イノシトール、葉酸など多様に含みます。

 

イノシトールは脂肪の流れを良くするビタミンで、

 

抗脂肪肝ビタミンともよばれ、脂肪肝を予防します。

 

 

 

他にもアセチルコリンという自律神経の働きを活発にする成分や、

 

ロイヤラクチン・ロイヤリシン・アピシンなどのタンパク質も含みます。

 

さらにローヤルゼリーの頭文字から付けられたR物質という

 

未知の栄養素も含まれているとのことです。

 

 

 

まだローヤルゼリーの効能は科学的に解明されていませんが、

 

これらの豊富で多様な栄養素が総合的に働いて

 

ローヤルゼリーの健康効果が発揮されると考えられています。